2度目のマウンテンサイクリングin乗鞍

9/1に開催された「第28回マウンテンサイクリングin乗鞍」に参戦してきました。
今回は、ニューバイク、ビンディングペダルの軽量化、さらに絶版アルテグラ6600 12-27Tを海外通販みつけて投入。ハード面では万全の体制で望んだ訳ではありますが、トレーニング面は、8月中の家族サービス&体調不良で丸一ヶ月ほどロードに乗れない状況のまま現地に乗り込んだオイラでした。

前日は、8時過ぎに自宅を出発。いつも通り中央道の相模湖までの渋滞にハマって受付会場に14時に到着。既に路面はウェット、小雨のパラついており軽く試走するつもりが目論見もハズレ(orz
現地で名古屋方面の知り合いと合流して、昨年も利用させてもらった奈川温泉の宿に向かいました。
夕飯を食べ初める頃には、温帯低気圧に変わった台風の影響で雷を伴った強い雨が降り、明日はほんとに天候は回復してくれるのだろうかと不安に思いながら就寝。

次の朝、乗鞍高原に入ると小雨がパラついている状態。
カーボンホイールしか持ってきていないオイラは、荷物を預ける6:30のリミットまでDNSを悩んだあげく、腹を括って荷物を預けたのであります。

さて、荷物を預けてしまえば、ゴールに向かうほかありませんぜ!!

コース確認の結果、大会本部がCP2までの15kmに短縮しての開催とあいなりました。
昨年のタイムと比較する事はできなくなり、モチベーションダウンしたりしましたが、今の体調であれば、赤城の練習と思って走るしかないなと思い直しました。

オイラのクラスは、41歳~50歳までの男子E-④、マスヲさんは男子E-①、知り合いは男子F-①。
スタート順番は、男子F、男子Eなので、マスヲさんから遅れて20分後にスタート、2人にはまず追いつけませんぜ(涙

ようやく時折、小雨がパラつくなか、オイラのクラスのスタートです。
画像

早速、脚攣り対策で2RUNを飲み込む。
集団後方からスタートしたので、直ぐに30代の男子Dに抜かれるのを覚悟でマイペース。富士での反省を生かしペース配分にも気をつけ、最大心拍80%を極力超えないよう注意しました。
そして投入した12-27Tも使いやすく富士の時より脚も回っている気がします(多分、気がしているだけかも)。
CP1に着くころには同じクラスの同じペースの方と抜きつ抜かれつを繰り返します。ゴール付近までこの同じペースの小太りTREK乗りの方と一緒でした。

この後、脚が攣りそうな状態を我慢してペースダウン。
後ろから来られた黄色いジャージの方に、「ヘタレがんばれ!」と声を掛けて頂きましたが、余力が無く返答できずすみませんでした。でもどなただったのだろう?

CP2前の15%越えの九十九折で10km/hを思いっきり下回り、小太TREK乗りの方にジワジワ離され、なんとか最後の力を振り絞り数十mの平坦で踏んでゴール!と思いきや・・・ゴールラインで荷物待ち行列で渋滞してました(orz
タイムは昨年のCP2地点のタイムを若干オーバーした程度でしたが、丸一ヶ月乗れなかったことを考えれば上出来かも知れませんね(汗

その後、ゴールラインからの荷物待ちの長蛇の行列に並ばされたのでありますが、CP2といえども標高2350m、ウィンドブレーカーを着ても汗をかいた後には寒すぎで荷物を受取るにも一苦労でした。

やっとの事で、無事に荷物を受取り、下山した訳ではありますが、途中で小雨が降ったりと、この為に買ったAssosのハーフニッカーhk.ストームヌッスが役にたったでのであります\(^o^)/

森林限界から見る美しい景色は見れませんでしたが、天候が良くなかった割りに楽しめた大会でした。
画像

しかし、乗鞍は遠すぎます。帰りは見事に小仏トンネル渋滞にハマりましたとさ。
来年はきっと出ないだろうな(w
そして赤城に向け頑張ろう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マスヲ
2013年09月04日 17:11
お疲れ様でした。
食事も惜しかったし、宿の手配ありがとうございました。
15kmに短縮したとはいえ、乗鞍の九十九折はしんどいですよね!
それにしても新車TREKはカッコよかったですよ!
suyoyo69
2013年09月09日 22:48
マスヲさん

有難う御座います。
宿での自転車談義楽しかったです。
タイムのほうは自分としては残念な結果になりましたが、次の赤城に向け頑張ります。

この記事へのトラックバック