第4回ワイズカップ 彩湖4時間エンデューロ

12/6 寒気によるこの冬一番の寒さの中、ERATEHメンバーとワイズカップに参戦してまいりました。
オイラは車で彩湖の駐車場に6時過ぎに到着。朝飯食べて外にでるとメッチャ寒い。さすがに今年一番の冷え込み、芝生の上に霜がおりてます(^^;;

キャンプ地には、ERATEH2チーム、混生2チームのメンバーが集まりました。
画像

オイラはBチームで参戦。このチームはつくば9耐のCチームメンバーであるヤスさんそうちゃんイバヲさん、とオイラの4名となります。残念ながら前回リーダーのやまぞう氏は日曜日のGPM吉見参戦のため参加できず。

4時間エンデューロということで、1人の持ち時間は30分×2回の走行です。
だいたい、オイラの実力だと1周8分台中盤から9分前半で周回すると3周でちょうど良い感じ。

スターターはヤスさん、2番手がオイラ、3番手がイバヲさん、アンカーがそうちゃんのオーダー。
30分だと遊んでる暇が無く、あっという間に順番が回って来ます。ヤスさんと交代してコースに入りますが、既に結構バラけている状態なので30~35km/hで巡航する方を見つけては付いて行きます。心拍は150ppm越えの状態ではありますが脚はフレッシュなので何とか速度低下も無く3周走りきってイバヲさんに繋ぎました。

少しブースを見回ってたら、あっという間に2順目になり、ヤスさんと交代して再度コースインです。直ぐに心拍は150ppm越え。またも30~35km/hで巡航する方を見つけてはついて行き、1順目とは違って速度低下があれば引くつもり前にでるも後ろが付いてきてくれずorz
次のトレインを探すを繰り返す間に、3周が終わりオイラの出番も終了。

そして、Yuuさん登場!しかも雨雲連れて来てますよ!
そうこうしてる間にどんどん暗くなっていき、4時間経過のタイムアップ。無事に、そうちゃんが130番台でフィニッシュしました\(^o^)/

そのままYuuさんは雨雲残して撤収というオチ(>_<)

表彰式まで居残ってみましたが、残念ながらキリ番ではなかったので景品はもらえず(ToT

寒い中のイベントではありましたが、あまり順位を気にせず、いつものメンバーでワイワイ楽しめました。また来年もメンバーが集まれば参加したいですね。

チームメンバーの皆さんお疲れ様でした。

トモロー往復

先週は風邪を引いてしまった為、ノーライドとなってしまいましたが、土曜日に午前フリー券を頂いたので膝の様子見も兼ねてライドをしてきました。
朝7時前に自宅を出発して、北上します。
この季節しか出番の無いAssos iJ.ティブル長袖ジャージ+エレメントゼロベストと、ビブショーツ+レッグウォーマー、初秋用の薄手の長指グローブ、シューズカバーは無し。
この時、ガーミンの気温4度。漕ぎ出してしまえば体は汗をかき始めるが、さすがに指先、防風の無い腕、そして足先は冷える。
画像

しばらく進むと鹿浜橋付近で工事が始まっており、砂利道を通れば大回りしなくても良いのだけれど・・・パンクの危険を考えると、いったん一般道に出てから岩淵水門前から荒川CRに戻るかたちになった。
最近、寒くなったからだろうか、ここらへんまでは殆どローディに出会えなかった。

秋ヶ瀬公園に差し掛かると、最近は飲み会でしかお互い会ってないちょこいさんを発見して声をかける。
pinaru50さんと2人で物見山ライドとの事で、途中まで同行させて頂きました。
pinaru50さんのNewバイクであるS-WorksのTarmac SL アスタナ カラーを間近で見させて頂いく。このカラーリングに惚れこんだと言ってましたが、確かにナイスなカラーですよね。しまった写真撮るの忘れたょ(>_<)

秋ヶ瀬からが先は北風がだんだん強くなってきて、27km/hで少し引くだけでも脚に乳酸が溜まってパンパン状態に、どんだけ貧脚なんだよオイラとか思ったりしながらトモロー着(^^;;

トモロー休憩で暫し自転車談義した後、お二方は物見山に向かわれました。オイラは単騎で、追い風ボーナスを満喫しながら南下します。途中、秋ヶ瀬でRedBull投入して12時前に帰宅しました。
ちょこいさん、pinaru50さん、次回のグルメライドには是非ご一緒させて下さいね。

そして、肝心の左膝の具合のほうはというと、ステム長と高さの変更によってポジションが固まってきた為か、若干、膝裏が痛くはなるのですが、前と比べると大分良くなりました。あとサドルを数ミリ下げれば、なんか解消できそうな予感がしてきました\(^o^)/

距離: 102.15 km
平均スピード: 24.6 km/h
最高スピード: 46.0 km/h
平均心拍: 132 bpm
平均バイクケイデンス: 81 rpm
カロリー: 1,745 C

若洲海浜公園とエモンダSLR試乗

三連休の最終日、せっかく午前中にフリーを頂いたのでライドも兼ねて、Loro Bicyclesさんに気になるバイクの試乗をしてまいりました。

天気予報では10時頃から北風がヤバイくらいな風速になるとの事ですが、途中から市街地を走行して目的地に向かう事もあり、朝7時過ぎにDomaneで出発。久々に河口方面に向かいました。
出発して暫くの間は無風か若干北風がある程度でしたが、進むにつれ北風が強くなってきました。そして荒川河口橋を渡る際には、飛ばされそうで怖かったです(^^;;

今年もまた荒川峠の季節がやってきたって感じです。

久々にゲートブリッジをバックに記念撮影。どうやら前回は4月だったらしい。
画像

サンクス ポートストア若洲店のイートインで補給したのが9:30頃。試乗は10:30からなのでマッタリと目的地に向かいます。ところが荒川を北上しすぎて、慌てて平井大橋から戻る感じになっちゃいました。
荒川からだと思ったより距離がありました。この距離の一般道の走行は久しぶり。しかしあれですね信号に良く捕まるし、路上駐車は多くて走行に気を使うことを考えると、ほんとに荒川サイクリングロードは偉大だなと実感します。

さて、東日本橋のLoro Bicyclesさんに若干迷いながら到着。どうやらオイラが1番乗りらしいです。
ひととおり店内の品物を物色したあと、Domaneと同じセッティングにして頂いた50サイズの6800アルテ組エモンダSLRに試乗させて貰いました。他のパーツはアルミハンドル&ステム、サドルはParadigm RL、ホイールはRace Liteという構成。見た目は1世代前のMadoneを思わせるオイラ好みのスタイル。
画像

細身のフレームといった印象が強かったんですが思ったより、ダウンチューブが横に太く、そして縦に薄い楕円になってます。もちろんアルテ組でも十分に軽さは感じられました。

15~30分ぐらい乗っても構わないとの事で、近くのお勧め周回コースを2周ほど回ってきました。
一番最初に感じたことはフレームが硬いということ、OCLV700カーボンである事を考えると当たり前のことなのかもしれません。そして今さっきまで乗っていたDomaneとの比較になるのでなおさら硬く感じたのかもしれませんね。
でも漕ぎ出しの軽さと反応の良さはピカイチでした。数少ない試乗したロードの中ではSuper Six Evoに近いかなと。
ただ、個人的にはOCLV700カーボンのフレーム単体の金額を考えると他にも候補はたくさんある様に思います。もし、OCLV600カーボンのフレームが出れば・・・ちょっと考えちゃいますけどね!!

自宅からも思ったより近く、店員さんの対応は良かったので、TREK2台のオーバーホール時にお願いする事を検討してみようかな。

最後に特典まで頂いちゃいました。ありがとうございました\(^o^)/

11速化に向けて

既に半年前の話になりますが、105が11速対応してしまう時代。オイラのロードバイクはいまだに2台とも10速ではありますが、将来を見据えて11速化のネックとなるホイールの整理を行いました。

今年の1月当時の所有ホイールは以下の4セットです。

 ①Ultegra WH-6700 シマノ10速
 ②Bontrager Race Lite シマノ10速
 ③FFWD F5R (FFWDオリジナルHUB) シマノ10速
 ④Fulcrum Racing Zero Red Passion シマノ11速

レーゼロ以外、残りは全て10速で、どれも11速化はできないホイールですね(^^;;

いまだに「FFWD F5R オリジナルHUB 11速化」で検索している方がいるようですので、オイラが調べた、試した結果を報告させて頂きますとFFWD F5R (FFWDオリジナルHUB) シマノ10速は、シマノ11速化できません
FFWDオリジナルHUB用のシマノ11速フリーホイールは、F6RとF4R(F6Rが発売された時期以降のものだと可能かも)のFFWDオリジナルHUBのものにしか使えないようです。実際に海外通販で入手してF5Rの交換にチャレンジしてみましたが付きませんでした(涙

そこで10速の需要があるうちに①、③を処分して⑤を購入したのであります。

 ②Bontrager Race Lite シマノ10速 ⇒ ローラー用
 ④Fulcrum Racing Zero Red Passion シマノ11速 ⇒ ドマーネ6用
 ⑤Campagnolo Shamal Ultra Mega G3 シマノ11速 ⇒ マドン5用

これで11速化レディとなったのではありますが、コンポの方は、いつになるかは未定だったりして・・・
ちなみに、良く回るHUBなんて速度にそれほど影響はでないと思ってましたが、レーゼロにして実感したことなんですけど、セラミックHUBのおかげでホイールがスムーズに転がってくれると、脚を休ませることができたり、速度維持が楽なんですよ。ほんと2本目をシャマルにして満足でございます\(^o^)/

ジャパンカップ サイクルロードレース 2014

2年ぶり3回目となるジャパンカップを観戦に宇都宮に行ってきました\(^o^)/
友人と待ち合わせをして朝7時前に自宅を出発。

途中、大谷PAで休憩中にそうちゃんに会う。現地にはさとしさんべんちゃんも来ているみたい。結局、現地では会えませんでした(^^;;

恒例の「ろまんちっく村」に9時前に到着。車を止めて自転車を準備する。
そう、今年は自転車に乗って友人と2人で平坦区間をノンビリ観戦することにしました。
でも、駐車場は車で一杯で、オイラの到着時間だと止める場所も殆ど無い状態。弱虫ペダル効果なのか観客がハンパなく増えているみたい。それはスタート地点についてから、更に実感。人多すぎ(^^;;

まずはスタート地点のRaphaブースで目的のキャップを購入しようと訪れたが既に売り切れorz。Tシャツしか残ってない。Raphaさん来年はもっと沢山キャップ作って下さいm(__)m

スタートまでは、ブースをみたり、
カンチェ様のドマーネの写真取ったり。
画像

サガンのEVOの写真取ったり。
画像

そして10時スタートの選手を見送ります。
画像

その後は、鶴カントリーの登りで3周目まで見てから、射撃場入り口付近にある出店でランチを食べながら平坦区間のスピード感を楽しむ。

最終周回にゴール付近まで戻って7、8名によるゴールスプリントをゴール100m程手前で観戦。結果は、3年前に初めて観戦しにきた時に優勝したハース選手が2度目の優勝でした。
画像

今回、自転車で観戦してみて思った事ですが、今年からなのかコース内の自転車による移動が相当厳しく規制されており、折角自転車があるのに押して歩く事が多く、ビンディングシューズでは厳しかったです。
もし、来年も観戦に行くなら、平坦区間にキャンプ地作ってノンビリ見たいなと思いました。

第4回まえばし赤城山ヒルクライム

9/28(日)に2年連続で赤城山を登って苦しくて楽しい時間を過ごさせて貰いました。

家を1:30に出発するも、早く着き過ぎそうだったので上里SAで仮眠を取ってから、4:00に駐車場に到着です。
朝飯を済ませ、準備に取り掛かります。同じ駐車場の隊長にご挨拶に伺う。お祭り的な参加のオイラと違って隊長は朝から気合が違った・・・
5:30に前泊組みのマコさん、やまぞう氏,ヒデヲさん、さとしさん、ドンマイ君と合流。前日受付して頂いた物を受け取り、ゼッケンを付けてから会場に向かいました。スタート前には同じEグループのKikiさんともご挨拶。
画像

そして7:20にオイラのEグループの順番になりスタートです。
昨年はいなかったのに今年はスタートから計測開始地点まで沿道に地元の応援の方々で一杯\(^o^)/

「やべ~テンション上がって心拍も上がっちゃう!」


Eグループは目標タイムで申請した為、まず付いて行くことは無理っす。ガンガン抜かれます。そんな中、3km超えたあたりで右足が攣りそうな兆候がでたので、更にスローペースになってしまいました。
やっと料金所跡地あたりからは攣る兆候も無くなり、九十九折前までの一番厳しい地点をダンシングを織り交ぜてひたすら登り、何度も時速10km/hを切りを繰り返しましたがorz

そして九十九折に入る頃には、もう脚が終った感じ。気合だけで何とかゴールしました。
画像

ERATEHメンバーの中でオイラが一番最後のゴールとなった為、荷物の受け取り場所には誰もいません。慌てて下山準備をして、下山ルートも昨年ほど渋滞せずお昼前に下りられました。

下山後、直ぐに駐車場に戻り、温泉集合に遅れること無く合流できました。
ヒデヲさんに会場近くの駐車場券を譲って頂いて本当に感謝ですm(__)m


今年は、昨年より12分もタイムも落ちました。
今年の前半は膝痛があってあまり乗れなかったこと。試走も1度もしていないこと。体重が増えたこと。大会の前週に風邪でダウンしていたこと。言い訳を上げれば切がありません。来年こそは良い記録を出せるよう頑張っていきたいと思います。

そして、前橋の皆様暖かい声援ありがとう御座いました!

北アルプス山麓グランフォンド2014に参加してきました。

北アルプス山麓グランフォンド2014の120kmコースに自転車仲間と参加して来ました!
このイベントは東京からもほぼ同じ距離という事で、愛知のお仲間とは久々イベントでの再会です。

オイラは前日受付で申し込んでおいたので、途中の長野市で善光寺を観光してから現地入り。
お仲間も夕方に本日の宿である鹿島槍スポーツヴィレッジに合流。軽くビールで乾杯しながら自転車談義に花を咲かせてもらいました。
食事が終るころには雨が降り始め、予報では明日朝方まで雨。早めに雨が上がってくれる事を祈りながら就寝です・・・

次の日、うれしいことに6時過ぎには雨も止み、道路も乾き始めてきてます\(^o^)/
そしてこのイベントにはメタボ会長が参加するとの事、初めて見ましたが想像よりスリムでしたね。
画像

120kmコースの最後尾からスタート。最初の下りはミディアムウェットの為、慎重に下ります。
3kmほど下りきって終えば、所々染み出しはあるものの、ほぼ乾いてました。
基本は自転車仲間とまったり2人で走り、良いトレインがあれば便乗させて貰いました(笑

白馬エイドではブルーベリーとバナナを頂き。
まじかでスキージャンプ台を見るのは初めてかも。
画像

緩やか昇って、栂池高原エイドで朝4時から打ってくれたお蕎麦を頂きます。
画像

さすが信州蕎麦!旨い!

この後も緩やかに登り、給水所のあとに、本格的な登りが待ってました。
のっけから8~12%の連続。完璧に坂耐性がゼロになってるorz
一ケタ台の速度を何度も記録して何とか美麻エイドに到着。漬物食べ放題で塩分補給です。
画像

そして事務所に入り込んで自販機で自腹コーラを補給。

大峰高原エイドまでは、きついアップダウンが続き、やっと本格的なお昼です。
画像


さて、こっからは楽しみのダウンヒル~!!
下りきってから地味に1~2%の登りが続いたあと、あれ?ココまで来たのに戻るの?
という感じで松川エイドまで下ります。ここではデザートタイムで、黄金桃と信州りんごを頂きました。
画像

結構下ったので、さっき地味に登った分を、もう1度登り直しですよorz
田園風景を見ながら大町温泉郷に向けて適度な登りをこなし、ひたすら北上です。
画像

最後の大町温泉郷エイドでは郷土料理の「おざんざ」を頂き、残すは10km!
画像

途中、蕎麦の花をバックに記念撮影。

4%程度で緩やかに登りながら、橋を超えてゴールのラスト数kmの最後の8%の登りが待ってました。
既に、脚はいっぱい一杯なんですが「いつがんばるの?今でしょ!」の看板をみながら、そんな余裕有る訳ないじゃん!とか思いながら、なんとか登り切って3時半頃に無事ゴールです。

涼しくなったこの季節に高原をライドできる良いイベントでした。
でも獲得標高1700mを、なめてました。しっかりグランフォンドでした!すみませんでした(>o<)

距離: 115.77 km
タイム: 5:47:26
経過時間: 8:03:40
平均スピード: 20.0 km/h
最高スピード: 63.5 km/h
平均心拍: 126 bpm
高度上昇量: 1,697 m
平均バイクケイデンス: 69 rpm
カロリー: 2,191 C